Sailupの趣味渡り

私Sailupが色々渡り歩いた趣味について書こうと思います。

フリーランスとして働くことについて

f:id:Sailup:20191006104105j:plain

こんにちはSailupです。

 

先日フリーランスとして働いている友人と

SUPボード試乗会へ行ったとき仕事について色々話したので

そのとき感じたこと、考えたことなどをまとめました。

www.iseapple.com

 

 

 

正社員として働くということ

私は以前某企業でエンジニアとしてソーシャルゲーム開発をしていました。

 

当時Mantisというバグトラッキングツール(現在どれくらいバグが出ていてどれくらい解消されているか等を管理するシステム)を使用していたのですが、

チーム内でも飛び抜けてタスク消化量が多かったそうです。

比較する人によっては3倍ほどだったとか。

 

上司もそのことを認識してはいましたが、

その期の評価(要は給料)は前期と比較して微々たるものでした。

 

そうです、正社員として働く以上人の倍働こうが給料は倍にならないのです。

 

では対価(給料)を効率よく稼ぐとなると、

空いた時間で副業でもするか?仕事の効率落として働くか?となってしまいます。

リード(要は人を使う)側に行けば給料は上がるとは思うのですが

私はプレイヤー(要は使われる側)として働きたかったのです。

 

しかし就業中に副業すれば服務規程違反でしょうし、

仕事の効率を落とすのは誰の特にもなりません。

何より問題なのがそんなことをすれば私自身が成長しない。

 

そしてもう1点正社員の好きでないところは簡単に解雇出来ない点です。

先ほどの企業で働いていたとき

明らかに能力が劣っており、注意力も不足している社員がおりました。

15年ほどエンジニアをやっていますが今まで会ったことがないレベルでした。

 

しかし日本の法律では就労させることが困難なほどの能力不足でなければ解雇するのが難しいようです。

 

仕事の効率を上げても無駄になり(自身の成長のためにはなるのですが報酬の面で)、

仕事が出来なくても解雇はされない、

以上の2点を結びつけると、効率悪く仕事をすることが

正義のように私には思えてしまうのです。

 

 

フリーランスってどうなの?

私が最終的に目指しているのは不労所得で生活することなのですが、

それを目指す理由としては自分の自由な時間をなるべく多くとりたいというものです。

 

完全に不労でなくても

短時間で集中して最大効率で仕事を行い、あとは自由に過ごす、

といった生き方を目指しています。

(ちなみにこのブログを開設したのもそれを目指してのことです)

 

フリーランスの友人も似たような考えを持っていたようで

今は自由に働けていると言っていました。

あまり詳細には書けませんが

働くときは働く、休むときは休む、

そのペースを彼自身がコントロールしメリハリつけて生活している印象を受けました。

 

収入安定性や社会的信用度などは正社員に劣るとは思いますが、

私の理想と近い生き方が出来るのがフリーランスの魅力だと感じました。

 

事情があって今すぐには働けないのですが、

来年中にはフリーランスで働きたいと考えています。

 

ビザスクって何?

友人から今までのエンジニア経験を活かして

コンサル的(要は課題解決のためのアドバイザー)に働くのも良いのでは?

と教えてもらったのが「スポットコンサル」プラットフォームのビザスクです。

1時間単位のスポットで働くことの出来るコンサル、

そのマッチングを行ってくれるプラットフォームですね。

 

今は案件を受けることは出来ませんが、

登録して調べたところ報酬としても1時間で平均1万5千円程度のようです。

いきなりバリバリコンサルやるのは

今までプレイヤーとしてしか働いてきていない私にとっては

かなりハードルの高いことです。

ですがスポットでコンサルを行い、

コンサル自体の知識・経験を積み重ねていけるというのは魅力に感じました。

 

案件によってはテレビ通話でも面談可能なようですし、

フリーランスになったときは利用してみたいと思っています。

 

service.visasq.com